PagerDutyのロゴ

レポート

2020年計画外業務の現況レポート

運用面の複雑さが増すにつれて、1つの傾向として計画外の業務が急増しており、組織がデジタルトランスフォーメーションの約束を果たす妨げになっています。計画外の業務が発生すると、従業員はリアルタイムに対応し、学習せざるをえないため、混乱が生じ、生産性やチームの士気に影響するのと同時に、イノベーションの妨げにもなります。

計画外業務がIT担当者および企業に及ぼす影響を把握するため、当社はAPJ地域の500人を超える回答者を対象にした調査を委託しました。

興味深い発見:

  • 2020年、67%の技術要員が計画外業務が原因で100時間以上に相当する生産性を失う。
  • 52%が、自社の既存の対応計画ではカバーされていない重大な技術的問題を体験したと回答。
  • 42%が、顧客に影響が出て初めて問題に対応と回答。

このレポートを今すぐダウンロードして、その他の発見および計画外業務に対応する際のベストプラクティスをご確認ください。

レポートを入手